やるべきこと

やるべきことをやらないことは、趣味ならまだしも、仕事では命取り・・である。

200万円の売上げで、ニコニコしていたら、
「そんなもんは、趣味の域だ」と、一喝されたことがある。

確かに、仕事として、生業として考えるのなら、200万円ではちと厳しい。


一人で動いているにしても、せめて、もう100万円をプラスしたいところ。

300万円の売上げを維持できて、まぁ、次にやることも見えてくるだろうと。


趣味の延長、副業の一環なら、それで満足でも、
いざ、独立して、自分の力で全てを補おうと思うと、かなりの無理が出て来る。

どうしようもない!と見下していた女の子でさえ、
事務所に居るのと、居ないのとでは、雲泥の差である。

一人で動いていると、事務所を離れれば、その時間、事務所を使用していないわけ。

顧客の名簿の整理・・・そんなことさえ、外出先から帰った後の仕事となる。

それが、仮にキーボードを打つことが自分より10倍遅い女の子でさえ、
自分が外出している間に、キーボードを打っているのだから、それだけで仕事は進む。


話は、少し横道に逸れてしまったが、
やることやらなきゃ、だめなのよ・・・ということ。

結果が付いてくるのも、
最後に、大いなる力が働くのも、

自分で、なんか、したからだにょ。



バグって来たので、あたしゃあ、散歩に出かけるにょ。


コメント
コメントする