詐欺という言葉に敏感な日本人

私が現在、まともに管理しているブログは3つ。


最盛期を思えば、かなり減らしたのだが、
まぁ、その他、顧客のブログも管理していると言えば、
管理している部類だとすれば、両手ほど。


ブログの訪問者というのは、Ping送信先から来たり、
お気に入りから再訪問しれくれたり、Twitterから来てくれたり、
相互リンク先から来てくれたり・・・と、様々なんですが、
記事をたくさん書いて行くと、検索という訪問者も増えて行くわけです。


そんな中で、私が気になるのは、「◎◎◎+詐欺」というキーワード。


これ、一体、なんなんでしょうかねぇ。

多分、こういったキーワードで来る人は、若い方が多いと思います。


こういった検索をするのは、
最近は、情報商材の評判を聞くための方が多いと感じます。

でも、詐欺という言葉、極めて、曖昧な言葉だと思いませんか?

確かに、高額な商品であればあるほど、内容が気になるのは分かります。

でも、
自分を信じないで、誰が書いたかも分からない記事を鵜呑みにする---ことの危険性。


ここら辺を、若い人たちには、しっかりと肝に銘じて欲しいのです。

まぁ、大きな詐欺事件というのは、世の中にはたくさんあります。
また、詐欺というのは、儲けの割りに、刑罰が軽いから・・・なんて言葉もあります。


利殖詐欺や投資詐欺では、お金をたんまり溜め込んだ老人たちから、
詐欺師は、言葉巧みに、まぁ、それこそ、目が眩むような大金をせしめます。


騙された人間が悪い---。


これは、ちょっと言い過ぎな気もしますが、


騙された人間も悪い---。


・・・と、なると、多くの方が、「まっ、それもそうだな」となることも頷けます。

特に、投資系などは、オレオレ詐欺同様に、

「えっ?!まだ、こんな話に乗る人が居るの!!」と、

ニュースを観ていても、半分、呆れそうになります。


また、詐欺とは少し違いますが、

新興宗教絡みの裁判とかも、はっきり言って、笑ってしまいます。


「私の青春を返せ!」


・・・とか、被害者(と思っている)は言いますが、


あなたには、自分が無かったのか!?


ということを問いたい。

一度は信じて、修行?をしていたにも関わらず、
後から、弁護士に唆されて、今まで信じていた教祖様を訴えるわけです。


ちょいちょい!と。


あんたの言い分は、別れた彼氏(彼女)へ、
(付き合っている間)本当は楽しく無かったんだから、
時間を返せ!と言うのと同じではありませんか?

もちろん、同情に値するような、
人間の弱みに付け込んで入信させられた例もあると思います。


でも、入るのを決めたのって、あなたじゃないんですか?


そもそも、あなたの中身が無いから、
外身を形成してくれるであろう、その宗教に入信したのではないですか?


・・・とかね、色々と思っちゃうんですよ。


子ども頃の質問には、親も先生も、親身になって答えてくれたと思います。

しかし、大人になってから、どうして?どうして?と聞いて、
同僚や上司が全てを親身になって話してくれるか・・・と、
まして、赤の他人が、質問に全て答えてくれるか?と。


そんなに、甘いもんじゃないですよ、はっきり言って。


詐欺だ!と声を荒げれば、どんなものでも、詐欺になっちゃうんです。

クレーマーにかかれば、どんなものも詐欺になりますよ、ホント。


だから、あえて、言いますが、騙されるのも、勉強なんですわ。


だけど、その勉強を活かす(自分のモノにする)ためには、

それを選択したという自己責任は、常に持ち合わせていなければならない。


誰が選んだんだ?俺だ・・・。


この事実を消化しない限り、何も、そこから勉強することが無い。


変わる気持ちが無ければ、変われませんよ。


もし、自分の人生を誰かのせいにして生きることで費やすのなら、
あなたも、あなたの周りの人も必ず、不幸になる。


結局、いつまでもつまらない人生を送る羽目になる。


そういうことなんです。


ですから、いきなり全てを受け入れるのは、難しい方も居られると思いますから、

せめて、こんなことを言っていた人間が居たなぁ・・・と思ってください。


まぁ、人間っつのは、
変わろうと思った時に、既に変わっているもんなんですけどね。


全て、自分の責任だから・・・

世の中のことも、自分のことも、許せるようになる・・・のも事実なんですけどね。


ちょっと、横道に逸れてしまいましたが、
まぁ、こんな人間も生きているのが、この世の中でございます。


それすら、受け入れられないのは、窮屈過ぎますからなぁ。



まぁ、簡単!

どうも、また、ブログ書いてます。(笑)

今日は、仕事するのを諦めました。
(記事書きの間に進んでますけどね)

この記事では、知っていること・・とは、どういうことか?を書いてみたいと思います。

知っているということは、そのまんま、知っているという意味です。

知っている、理解しているからこそ、
何を言わんとしているのかが分かるということです。


メルマガ購読申し込みするだけで・・・・というサイトがあります。
http://life.melmagbiz.com/
※アフィリエイトリンクではありませんよ。ただの直リンクです。

これは、情報商材ですね、アフィリエイトで稼ぐものです。

別に、否定も肯定もしないことを、先ずは、ここに記しておきます。

「ただ、私はこの方法を知っている」ということです。


これは、あなたがメルマガを発行しているのなら、
なんとなく、分かっていることだと思います。

既に、私のメルマガでは、この商材が販売される前から、
その可能性について、言及していました。

それは、私が知っているからです。

知っているということは、経験したことか、
知識として勉強して身に付けたか?のどちらかです。

さて、筆者が嘘をついているか?は、置いといて、
私は、この商材が一定の再現性を持っていることを認めます。

しかし、それで半年間に260万円も稼いだ・・・というのがシンジラレナイですし、
また、この方法をビジネスと言い切る点と価格がどうにもシンジラレナイです。


私が情報系の商材でお金を使ったのは、2回だけです。

どちらも、とても良い!とおススメ出来るものでありますが、
片方は、少し時間の経過について行けていないことと、(最新のバージョンではない)
もうひとつは、既に販売が終了してしまっていることです。

どちらも、名前を出せば、「あぁ!」という2人なのですが、
その当時は、お2人とも胡散臭さ爆発でした。(我ながら、よく買ったなぁと思います)

その後は、商材にお金を出すことは、無くなりました。

それは、何故か?


ひとつは、商材の制作者さんから、直接、いただく機会が増えたこと。


これは、昔、メルマガの読者さんが5000人を超えた辺りから、
頻繁にいただくようになっていて、
気が付くと、毎月、何本かの商材を読む羽目になってしまいました。

もちろん、「これ、読んでみてください」という制作者さんの作ったものですから、
イイ意味、真面目な商材ばかりでしたね。


ふたつは、たくさんの商材を読んだ経験や
情報起業家としての活動が主戦場となり、裏側を知る機会が圧倒的に増えたから・・・です。

つまりは、必要なくなったということです。


ツール系は、いざ知らず、その他の稼ぐ仕組みというものは、
大体、頭の中の74年製コンピュータに納まっています。
※時々、ボーーーっとして、記録も書き出しもしない時がありますけど(笑)


とにかく、偉ぶるつもりは毛頭ありませんが、知っていることが多いということです。


単純に経験値の差です。


でも、そのお陰で、
19,000円を支払わなくても、この情報の内容が分かるわけです。


それにしても、少し高いなぁ・・・とか思いますね。

高い方が良い!という風潮は、業界として危ないんですがねぇ。


日記風の記事でアフィリエイトは可能か?

Yahoo!配信のR25記事に、
アフィリエイトの基礎を分かりやすく解説した記事がありました。

その中で、日記風の記事でアフィリエイトは可能か?という点に触れている部分がありました。

結論から言うと、報酬と言う結果に結びつけるのは、非常に難しいとのこと。

当たり前の話ですが、
結構、これが分かっている様で、分かっていない方が多い。

気をつけないと、
アフィリエイトをするぞ〜☆(報酬を上げる)という前提で始めたブログが、
いつの間にか、更新が楽しくなっちゃって、
本来の目的を忘れてしまったりするわけです。

アフィリエイトで報酬を獲得するという前提でブログをするなら、
より、専門性の高いものを記事にした方が良い・・・のは、当然のことと言えます。

例えば、ダイエット関連の商品とお取り寄せグルメを、
同一ブログで行うのには無理があります。(面白い試みですが^^;)

また、日記風の記事も、あって良いのですが、
そればかりだと、フォーカスがボケてしまうのは必然です。

では、ブログアフィリエイトを始めるに当たり、
先ず、何をしたらいいか分かりますか?


最初にやるべきことは、売る商品を決めることなんですね。


これが、逆だと実にキツイ。

それは、何故か?

売る商品(若しくは商品群)が決まっている場合は、
それに対応したタイトルを付けることが出来ます。
(もし、オリジナルドメインを使うなら、ドメインにも使用できますね)

それが、タイトルを決めてから・・・では、話にならないという意味です。

また、商品についての知識は、特段、必要ありません。

もちろん、自分が得意な分野であればあるほど、
アフィリエイトの報酬獲得スピードは速くなるのですが、
全く、未知の分野であっても、
あなたは、臆する事無く、アフィリエイトを始めることが出来ます。


何故か?


あなたは、この記事をネットを使って見ている。

ネットに繋がっている環境にあるならば、
未知で無知の分野であっても、情報を集め、分析することが出来るからです。


また、ブログを書いていると、
どうしても、少しずつ、売る商品とか話題が、ズレることがあります。

これは、仕方無いです。

私もよくあることです。


そんな時には、ブログを細分化すると、より良いものが出来ることがあります。

例えば、ネットで稼ぐ系のブログを展開していた方が、
趣味で書いていた釣りの記事を、ひとつのブログに昇華させた例などあります。


完全に日記風、しかも、タイトルから内容も分かり難い。

そういったブログでは、売上げを上げるのは、かなり難しいと思います。


ツールを使って、簡単に◎◎などの商品もありますが、
基本は、そんなものを使わなくても、立派に稼げることを、
多くのアフィリエイターは、実践して分かっています。

(便利なツールもありますが)そういったツールに頼るのは、
しっかりと、手動で稼げる様になってから導入するというスタンスで行くと、
使えないツールに高いお金を支払うというリスクは軽減されるはずです。


まぁ、正味の話、稼げないわけがないんですわ。


あまり、難しく考えたら、ダメですね。

自分も人間なら、相手も人間。

どういう人から、どういうブログからだったら、自分は買うか?

そういうことを突き詰めた人が、偉いんじゃないすか?



・・・と、まぁ。

仕事を放って、ブログ記事を更新したりするのも、
ほどほどにしませんと・・・・^^;


ネットで儲けるためのメルマガを発行しています

ネットで儲けるためのメルマガを発行しています。

時々しか発行しませんが、
ネットで稼ぎたい!と思っている、あなたにはメリットのあるメルマガだと思います。

以下よりお申込みください。
http://zettyou.aslia.net/mailmag.html

配信システムの都合上、499人までの限定配信となります。

一度読んでつまらなかったら、解除すればいいだけの話です。

たくさんの方の(と言っても499人ですが)ご応募をお待ちしております。

このメルマガでは、商品を売りつける・・みたいなチンケなことはしていませんので、
安心して、お読みくださいませ。

既に年間10,000,000円以上売上げている方には、
あまり参考にならないかも知れないので、読まなくても良いと思います。

年間のネット売上げが10,000,000円未満の方には、
大いに参考になると思いますから、試しに、登録してみてください。

あと、アドレス登録後、1分以内にメールが届きます。
いたずら防止のための措置ですが、そのメールにあるURLをクリックしないと、
仮登録のままであり、メールが配信されません。
※1週間くらい仮登録のままの方は、こちらで削除しています。

仮登録で放置・・・と言うのは、かなり地味な、いたずらかも知れませんが・・・・・


ネットで稼ぎたい!あなたに、私が愛を込めて送ります(笑)ので、
怖がらずに、登録して見て下さいね。

では。


年商100,000,000円の道

ネットで年商100,000,000円を目指すことは、実に単純なことである。

そう、大阪のダイレクトマーケッターの小川さんは言う。

年商100,000,000円を達成するには、

1.売れるセールスレター(サイト)を作り、

2.それをなるべくたくさんの人に見てもらう。

・・・この2ステップだと言う。


100,000,000円までは、この単純な2ステップのみ・・らしい。

まぁ、言葉にしてしまえば、それこそ、50文字の内容ではあるが、
これを実践するとなると、かなりの経験が必要になることは言うまでもない。

また、どちらかのスキルがすごくても、
100,000,000円達成には及ばないことが分かる。

ネットの購入率と言うのは、
(既存客ではなく)サイトへの訪問者の2%を越えると大成功と呼べるものになるらしい。

詳しい解析数値を持っている方なら、
2%の目標が、かなり高いハードルであることを、肌で感じていることだと思う。


この大成功の数字2%から、逆算して考えてみよう。


年商100,000,000円をひと月で割ると、ひと月の売上げは8,000,000円である。

商品単価が10,000円とすると、800個の商品を売る必要がある。

800個=800人の購入者ということだから、
2%で割ると月間に必要となる訪問者数が分かる。

暗算できる人なら、既に数字は出ていると思うが、その数、40,000人である。

ひと月30日として、1日当たりの訪問者数は、1,333人ということになる。

しかも、この数字は2%という大成功の数値を元に計算しているから、
普通のサイトは、これ以上の訪問者が必要となってくることは明白である。

あくまで、ひと月に40,000人というのは目安であるが・・・

サイト運営をされている方の中で、
月間訪問者数(PVではなく)が40,000人を越えるサイトを持っている方がどれだけいるだろう?

もし、あなたのサイトで商品を売っていて、
そのサイトに、毎月、40,000人の訪問者が来ていたとして、
それでも、年商100,000,000円をクリア出来ていないのだとしたら、
セールスレター(若しくは商品そのもの)に問題があると言わざるを得ない。


ただ、この購入率2%にはトリックがあることは、あまり知られていない。

・・・と言うか、これは私の持論なので、気にしなくていいのだが、
思い当たる方も居られると思うので、書き止めておこうと思う。


それは、「「訪問者数が10,000人を越えると、売上げは加速する。」」ということである。

なんとなく、これは気になっていた方も居ると思う。


つまり、1,000人で2本(購入率0.2%)を売っていたサイトに、
10,000人の訪問者が来た・・と、すると、売上げは2本×10倍の20本か?

・・・・これが、違うから、ネット(現実店舗も同じ)は、と言うか、商売は面白いんです。

1,000人の訪問者が10,000人と10倍だから、売上げも10倍か?

実際に、商売をされている方は、多分、No!と答えてくれると思います。


この時の売上げは、10倍以上売れます。


50本以上は硬いと思います。

目安ですが、10,000人を越えた辺りから、売上げは加速します。

それに伴い、何故か、購入率も上がります。


本当に、不思議なことなんですが、こういったこともあります。

40,000人と書きましたが、なかなか、40,000人というのは達成し難い数字です。

ですから、先ずは、サイトの実力を見る上でも、10,000人を目指しましょう。

1日300人ですから、
ブログ方式のサイトならそれほど難しいものではないでしょう。


売れるサイトとたくさんの訪問者。


このことだけを、考え、商売にしている方も居ますからね。
(広告代理店など)

外注するにしても、ご自身でも、何がしか、分かっていることが大事だと思います。


祭りという状況

ネットで商売されている方は、なんとなく、覚えがあると思いますが、
時々、急激にアクセスが伸びて、商品が売れ始める瞬間があります。

私は、それを「祭り」と呼んでいます。

祭りは、予期せぬところで起きたりします。

例えば、私の取り扱っている情報商材系のサイトでは、
有力なアフィリエイターの方が動かれた時に、その様な、状態になります。

こちらで何か、期限を設けたり、特典を増やすとか、
そういったことをするよりも、
力のあるアフィリエイターさんが動いた時の方が数字が良いです。

しかし、別にアフィリエイト絡みの場合に限ったことではありません。

物販系のサイトでも、
間違いかな?と思えるほどに、注文が舞い込むことがあります。

前述のアフィリエイターさんが動いた時は、まぁ、なんとなく、理解出来るのですが、
特にPPC広告なども打っていない物販のサイトから売れる時は、ちょっと不思議です。

それも、売る気があまり無い時の方が、スムーズに受注している感じです。

例えば、今月はこれを◎◎◎万円売るぞーーー!

とかなんとか、気合を入れていると、はっきり言って、売れません。

それよりも、「これもサイトに掲載しとくか・・・」くらいの商品の方が動いたりします。
※その後、力を入れると売れなくなったりしますから、不思議です。


大阪のダイレクトマーケッターの小川忠洋さんも、言っていますが、

「元気の無い時は、元気の無いコピーになってしまう」とか。


これは、なんとなく、理解できるのですが、

私の場合は、さらに、「気負い過ぎるとダメ」になるみたいです。


正味の話、忘れた頃に売れる商品の多いこと。(笑)


まぁ、この感覚は、女性を口説く時も同じ様な感じですし、
その他、例えば、スポーツなんかの記録が伸びるのも、同じ感覚ですかね。


色々な方が言っている「成功曲線」というものを想像してみると分かり易いですね。

何か、ひとつのことに集中して、成功を掴み取ろうとした時に、
グラフで言うところの左下から右上まで、真っ直ぐに伸びて行く様なのが理想的なんですが、
多くの成功というものは、ほぼ真横に進んだ後、急激に伸びる瞬間がある!というものです。


ネットで拾って来た図を貼っておきます。

まぁ、こんな感じです。

あなたも、思い当たることがありませんか?

つまり、祭りという状態も、ほぼ真横に推移する努力無しでは語れないということで、
ただ、口を開けて、祭りを待っていてもダメだよ・・・ということなんです。

思う様に、結果が出ないときには、考えることが出来ないかも知れないと思いますが、
必ず、このグイン↑という現象は起きますので、
趣味でも仕事でも、諦めずに、努力して行きましょう。





ネットを利用したビジネス・・・というと

ネットを利用したビジネスというと、如何にも怪しげ・・・と考える方も居るだろう。

確かに、匿名性を利用した悪質な詐欺まがいな輩も多いし、
メールなども毎日、スパムメールが届くわけで、
そういった点から、毛嫌いされる方も多いことだと思う。



しかし、ネットを利用したビジネスを大きな括りで見た時には、
多かれ少なかれ、どんな小さな企業でも個人事業主でも利用していると言える。

先に挙げたスパムメールに関しても、
(受け取る側からしたらスパムなのだが)送る側は、
通常の営業として送って来ているものも多い。

代表的なものは、御社のHPをプロ並のかっこいいデザインにしてみませんか?

とか、

SEO対策をして、検索上位表示をお約束します!みたいなものだ。

まぁ、ここいら辺は、広告代理店とかHP制作会社が送ってくるものであり、
そこまで、毛嫌いする理由は無いのだが・・・・。

また、現実の店舗とネットの店舗を同時に運営する小売店も少なくない。

かくいう私も、スタートはそういった感じで運営していた。
(現実店舗の経費というのが馬鹿らしくなるけれど)

メールを使っていない人は、少ないだろうし、
ブログやツイッターなどを自社の宣伝に活用したことがある方も多いと思う。

そういう点では、ネットを利用したビジネスと言うのは、
かなり現実店舗へ拡大して来ているのが現状と言える。


では、多くの方が毛嫌いしているネットビジネスとは一体、なんだろう?

多分、あなたも、なんだか、違和感を覚えているはずだ。

ネットを利用したビジネス・・・という表現と、
ネットビジネス・・・という表現に、認識の差が大きいこと。

如何にも怪しげ・・・・・

ネットビジネスによって、いくらかの利益を上げている私も、
ネットに疎い人間に、仕事の内容を説明するのには、骨が折れる。

だから、「HPを作ったり、管理したりしています」という言葉で済ますことが多い。
(もちろん、嘘ではなく、いくつかのクライアントのHP制作・管理はしている)

相手は、そもそも、ネットに疎いのだから、それ以上は聞いて来ないし、
特段、こちらのやっていることに興味は無いのだろう。

しかし、これからは、ネットビジネスというものが、
もっともっと、拡大解釈され出しますし、もっともっと、利用されていくことになります。

多分、あと5年ほどすると、「ネットビジネス」というものの、
「ネット」の部分が要らないほどに、成熟してくるはずです。

また、副業的だったりとか、
企業の新しい販売商品といった、捉え方もされて来ると思います。

今でも存在しますが、
副業も、より内職的な・・というか、事務的な作業を伴うものが増えてくると思います。
(報酬が最初から決まっているアフィリエイトの様なものです)


毛嫌いされるのは、結構だが、
調べ物をするのに、ネットを使う― という流れを変える。

つまりは、それよりも便利な代物が現れない限り、
ネットというものは衰退することは無いわけで、
ネットの知識というものは、更に必要になって来るわけです。

「大した知識なんか無いさ〜」

と言う方も、本ブログを自分の力で開いて、読むことが出来ているなら、
それが出来ない人たちからしたら、すごいことをしているわけです。

ネットの中にも、色々と勉強することはあるわけだけど、
3年先を見据えて、ひとつのスキルを磨くことは、
あなたにとって、決して、無駄になることは無い!!!と断言出来ます。

毎日1時間でいい。

ネットに関わる何かを勉強してみて欲しい。

何を勉強したらいいか?が分からなかったら、
色々な情報商材などのサイトを(買わずに)色々と見ているだけでも、
コピーライターとしてのスキルアップに繋がるので、試してみて欲しいと思います。



ブログからリアル店舗に1年間で5000人もの集客をしたハンバーガー店

大企業という広告宣伝費に、
莫大な費用を掛けることが出来るなら、ブログでの集客など必要ないだろう。

大手チェーン店でも然りである。

しかし、小規模・中規模の店舗・会社の宣伝方法は、
毎月、それほどの費用は掛けていられないのが現状であり、
ブログやツイッターなどを活用して、
なるべくなら無料で行いたい!と願っているのが当然のこととも言える。

ブログからリアル店舗に1年間で5000人も集客したハンバーガー店がある。


http://p.tl/58NK

彼女のブログを見ていただければ分かるが、
売れる条件を満たしているパワーブログになっていることが分かる。

1年間で5000人の集客をするパワーブログ。

彼女のハンバーガーショップの客単価は1,300円ということなので、
5000人×1,300円=6,500,000円の売上げを、
ブログという広告手段により得たことになる。


今でこそ、集客可能なパワーブログとなっているのであるが、
当初は、もちろん、それほどでも無かったのだ。


あなたのブログは、リアル店舗にどれだけの利益をもたらしているだろうか?

いや、それよりも、下手なブログを運営したことにより、お客さんを失っていないだろうか?


ネットビジネスに止まらず、リアル店舗への影響も考えると、
ブログを宣伝の一環として運営している方は、もっと、勉強するべきだと思う。


あなたのブログは、こんな間違いを犯していませんか?
http://p.tl/58NK

当てはまる部分があったのなら、今すぐ、改善するべきだと思います。

分かっていてやらないのは、怠慢ですかね^^;


今月はアクティブでがんす

先月の末からかなりアクティブに活動している。

また、色々と経験値を積んできたものを、
一先ず、形に表してみよう!と考えて、実行している。

どんなに良いアイデアでも、形に表さなくてはならない。

日産の最高経営責任者のカルロス・ゴーン氏も言っている。

「どんなに良いアイデアも、実行には適わない―」と。

また、先週末より数日に渡り聞いていたセミナーの音源でも、
形に表すことの重要性を説いており、まさに、今だッ!という気合の入り方である。

100%のものは、人間には生み出せない。

だったら、完成度が低くても、とりあえず、形に表した方が、どんなにかいいだろう?

「バカでも年収1000万円」の著者である伊藤 喜之氏も語っている。
※伊藤氏の場合は、素早さという観点から語っているのだが。

あるアイデア・企画の提出期限ギリギリまで粘っても、
完成度は、せいぜい、10%上乗せ出来る程度・・・、
だったら、相手の想像を越える素早さで50%のモノを提出した方が良い・・・と。


他人の意見や視線を気にして、
・完成度が低い内は見せられないなぁ・・・とか
・こんなもの、誰も見ていないよ・・・とか、考えているのはそれだけ無駄であるということ。

また、他人が
・俺の方がもっと良い物を作れるよ・・・とか、
・こんなアイデアなら、俺も出せるよ・・・とか、

まぁ、ネガティブな発言を真に受けていたら、何にも出来ませんからね。


俺は、馬鹿だから・・・と開き直って、どんどん、アイデアを形にして行きましょう。

どんなに屁理屈を並べてみたって、
形をアイデアにした人間の方が、偉いんだから・・ね。

・・・というか、形にしない人間なんか、何にも恐れる必要は無い。

自分のアイデアを形にしない人間こそ、臆病で哀れなわけだからさ。


やれるだけのことをやってみよう。

そうすると、神様が手を貸してくれるんだわ。

神様が居るのか、居ないのか?の話をしたいわけじゃない。

神様というのは、人間である場合もあるし、
私の場合の神様と言うのは、
過去から現在に至るまでの地球上全ての人間の潜在意識と、捉えているからね。

とにかく、自分が正しいと思ったアイデアを、
どんどん形にしていったものが、成功するんだよ。



・・・とか、なんとか、熱く語っちゃったりなんかして^^;




スピードライティングの秘密を公開!

もしあなたが売れるコピーを短時間で書いて、
スグにあなたのサイトの売上を拡大したいならこのメールは重要です。

なぜなら、、、あなたはこんな経験ありませんか?

・あなたは今まで、コピーを書こうとして、真っ白な画面や真っ白な紙を
 前に手が止まってしまったことはありませんか?

・あるいは途中で書くことに詰まって、そこから何十分も
 「スランプ」状態から抜け出せなかったことはありませんか?

・広告に出した場合なら、その費用対効果を計算してうんざりしたことは?

もしあなたにこんな経験があるのだとしたら、、、
きっとこのスピードライティングがお役に立てると思います。

http://123direct.info/tracking/af/351755/RTWUdTDI/

私もこの秘密を知ってから、コピーを「書く」スピードは
今までに比べて格段に速くなりました。

さらに嬉しいことに、書いたコピーの反応もとてもいいものに
なったのです。

http://123direct.info/tracking/af/351755/RTWUdTDI/


追伸:
このサイトが存在しているうちに、
こちらからスグに登録することをオススメします。

http://123direct.info/tracking/af/351755/RTWUdTDI/


<< | 2/5PAGES | >>