アフィリエイトを仕事に?

アフィリエイトを仕事にする...

インフォプレナーとして、食べていく...

そんなことを妄想していたのが、数年前。


独立し、会社を経営するのと同時に、定款にもその旨を取り入れ、
周りには、?マークで迎えられました。

まだまだ、それほどメジャーでなく、
それだけで食べていくほどの稼ぎも無かったので、
色々な、その他の仕事が、収入の主な柱でした。

それで、完全に満足できる売り上げだったのなら、問題なかったのでしょうが、
それだけでは、やはり、儲けが出ない。

・・・と、ようやく、ここで重い腰をあげ、パソコンに向き合う日々が始まったのです。


売り上げをあげた順番は、
Webショップ→情報系のアフィリエイト→情報起業→そして、物販アフィリエイトとなります。

現在は、情報系のアフィリエイトは、ほったらかしてあります。(苦笑)

物販アフィリエイトが楽しくて仕方無いのです。

いや、まさか、ここまで情報系との差が出る?かということが面白いわけです。


ちょっこし、色々とありまして、儲け損ねた・・・半年でしたが、
これから、また、もう1段階のレベルアップをして行こうと・・・思っているわけです。


まぁ、とりあえず、飯を食えることに感謝ですね。


ぼちぼち、ランチだ。


売れない内は、やんなくてもいいです

売れない内は、やんなくてもいいことを書きます。

それは、売上表です。

売れない内は、×印ばかりで、×を書き飽きます。^д^

しかし、売上表は、売れ始めたら、必ず、必要になって来ます。

私の場合は、2ヶ月間の予定をA4横位置にして印刷します。

A4の中に、最低でも60のマスが出来ますから、ひとつひとつは小さなマスです。

1週間の帯の余白部分に、その週にやっておきたい予定や、感じたことなどを書き込みます。
また、書き込めない場合には、付箋紙などを貼り付けておきます。

これを、クリアファイルに入れて持ち歩きます。


頭の回転の早い人なら、気が付いたと思いますが、
売れない内でも、この予定表として使用する部分は、必要です。

同じ形式にする必要はありませんし、
通常の手帳を代用することで、まぁ、問題無いと思います。

しかし、私の様に、それが仕事になっている場合の手帳と、
他に仕事をしている人の手帳では、専用度というか、使い勝手が違ってきちゃいますよね。

私は、それらの全てを、仕事として管理するため、
誰に見られても、恥ずかしいとか思わないのですが・・・。

そうでない人も居ますよね?

ですから、手帳などを、その他の用事でも頻繁に開く人には、
それ専用の手帳、
若しくは、自分で作った予定表(兼:売上表)が必要になるのでは?

ブログの記事を書いた・・・ということまでメモすると大変ですが、
最初の内は、クリック数を書くとか・・・書く事は色々とあるはずです。


まぁ、難しい話・・・になっちゃいましたが、
つまりは、予定表なんかを持っていると、
アフィリエイトのための時間を、キッチリと作るようになるよ・・・という老婆心みたいなものです。

予定表を書き込んでいくと、ひとつの真実を見ることが出来ます。


それは...
「やらなくちゃ、結果も出ない」ってこと。


ちゃんと、やってるけど、結果が出ないんですよ・・・TдT


と言うのは、やはり、何処かに欠陥があるし、
無駄なことに一所懸命になっている可能性がありますね。

一度、整理して見ると、いやはや、結構、反省点ばっかりなわけですよ。

たくさん書き込んでいる時には、やっぱり、結果がついてきますよね。


そんなことしたこともない!

と言う人で、あまり、結果が芳しくない人は、早速、トライしてみてくださいね。


ご挨拶

私は、どんなブログでも最初は、挨拶から...そう、決めています。

DKと申します、あと数年で四十路の会社経営者です。

会社は、アフィリエイトと情報起業が主な収入の柱ですが、
その他にも色々な事業を経営しています。

アフィリエイト歴は、かなり長いのですが、
コツを掴むまでに長い時間とお金を消費しました。

本ブログでは、やる気はあるけれど、力の方向を間違えてしまい、
あまり稼げていない方をサポートする目的で、始めてみようと考えました。
※私自身が、そういう期間が長かったので^^;

また、本ブログでは、現在、制作中の新規商材と連動しつつ、
その制作過程や裏話も随時、ご報告して行く予定です。

後は、近日中にメルマガとも連動して行こうと考えています。

色々とお話したいことも多いのですが、
少しずつ、簡単に読める程度で更新していこうと思いますので、
ご挨拶は、ここまでとさせていただきます。

まだ、読まれている方は居られないと思いますが、今後とも、宜しくお願い致します。

<< | 2/2PAGES |